2013年12月30日

花粉症になったモデルさんの苦労

先日、モデルさんと話す機会があり、面白いことを聞きました。
その方は、数年前から花粉症になってしまい、春・秋には苦労が絶えないそうです。
苦労というのは鼻水のことです。
家にいるときは、鼻をかむの手鼻です。
ティッシュを使うと、鼻の下が荒れてしまうので、手鼻で水で洗い流します。
仕事中、メイク後は手鼻だとメイクが落ちるのでNG。
ティッシュは、鼻が赤くなるのでNG。
じゃぁ、どうするかというと、鼻の穴に詰める鼻栓を使用しているのです。
また、鼻をかみ過ぎると、目が充血してしまい、撮影が止まってしまうので、かむことも極力避けているそうです。
ティッシュを使う場合も、ローションティッシュは必須だそうです。
街頭で配布しているティッシュは、紙質が悪く肌を削っているのと同じで、絶対に使ってはいけないのだそうです。
その方の自宅は、加湿器と空気清浄機が24時間動いているそうです。
やはり、プロの方は気の遣い方が違いますね。
posted by リンタロウ at 22:47| ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。